色彩のプロが丁寧に解説!初心者でもできる創作活動のキホン

はじめまして。色彩部のヤスといいます!

このページでは「色彩に関する情報」を何処よりもわかりやすく、丁寧に、初心者の方でも全く問題ないように解説します

すぐに本題に入りたい方は下記ボタンから、気になる項目をクリック(タップ)してください

色彩

色彩とは、光の波長に反応して生じる視覚的な現象です。光が物体に当たると、その物体は一部の波長を吸収し、他を反射します。私たちの目はこの反射された光を捉え、脳がそれを「色」として認識します。

色彩の記事はこちら

三原色

三原色とは、他の色を作るための基本となる色です。光の三原色は赤、緑、青で、これらを組み合わせることで様々な色が生まれます。絵の具の三原色は青、赤、黄色で、これらを混ぜ合わせると他の色が作れます。

三原色の記事はこちら

加法混色

加法混色をイメージしたイラスト

加法混色は、異なる色の光を重ね合わせて新しい色を作る方法です。主に赤、緑、青の3つの基本色の光を組み合わせ、これらが重なると白色になります。テレビやコンピュータの画面はこの原理を利用しています。

加法混色の記事はこちら

絵画

絵画は、キャンバスや紙などの平面に、油彩、水彩、アクリル絵の具などを使用して作成される芸術作品です。画家は色、形、線を駆使して、風景、人物、抽象的な概念を表現し、観る者に感情や思考をあたえてくれます。

絵画の記事はこちら

 

 

タイトルとURLをコピーしました