絵画

絵画

ゴッホの『烏のいる麦畑』を色彩の視点から徹底分析してみた

フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホは、19世紀オランダ生まれのポスト印象派画家で、約10年間の短い芸術家生活の中で、情熱的な色使いと感情表現で知られる数々の傑作を残しました。特に、『烏のいる麦畑』のような作品では、色彩の遠近法を駆使し、深い空間感と感情の強さを表現しています。生前はほとんど成功せず、精神的な苦悩に苦しみながらも、死後にゴッホの作品は広く認知され、後世の芸術に大きな影響を与えました。
絵画

レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』を色彩の視点から徹底分析してみた

レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』は、色彩理論と宗教的象徴を巧みに融合した作品です。この記事では、「レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』を色彩の視点から分析してみた」についてわかりやすく解説します。