加法混色

三原色

「加法混色」の3つの主要なタイプとは?白と黒の世界と「三原色」の役割

加法混色は光源によって色が作られる方法で、三原色(赤、緑、青)の光を混ぜ合わせることで新しい色が作り出されます。この方法には同時加法混色(白いスクリーンに原色の光を当てる)、継時加法混色(色の光が交互に照射されて混ざる)、並置加法混色(異なる色の小さな点が密接に配置されて混ざる)があります。