三原色

三原色

「光の三原色」と「色の三原色」の違いとは?三原色の理論と色相、明度、彩度の理解

「光の三原色(RGB:赤、緑、青)」と「色の三原色(CMY:シアン、マゼンタ、イエロー)」は、人間の視覚と色の生成方法の違いに基づいています。光の三原色は、デジタルディスプレイなどで使われ、赤、緑、青の光の組み合わせにより色が作られます。これに対し、色の三原色は、印刷などで使われ、シアン、マゼンタ、イエローの色素が光を吸収し、反射光によって色が生成されます。これらの原理は、色の知覚と表現の基礎を形成しています。
三原色

色の三原色!『白色』の作り方とは?絵の具の白の代用方法

光の三原色を使った白色発光液体の作り方では、赤、緑、黄色の蛍光ペン、マジックライトペン、蛍光剤入り洗剤を混ぜ、ブラックライトで確認します。また、絵の具では白色を直接作ることはできず、白っぽい効果を出すには色の薄め方や背景の白を利用する方法があります。
三原色

「加法混色」の3つの主要なタイプとは?白と黒の世界と「三原色」の役割

加法混色は光源によって色が作られる方法で、三原色(赤、緑、青)の光を混ぜ合わせることで新しい色が作り出されます。この方法には同時加法混色(白いスクリーンに原色の光を当てる)、継時加法混色(色の光が交互に照射されて混ざる)、並置加法混色(異なる色の小さな点が密接に配置されて混ざる)があります。