デビッド・カッツ

デビッド・カッツ

透明ではないものが透明に見える色とは?「デビッド・カッツ」の色の分類とシャルトル大聖堂

透明ではないものが透明に見える色は、視覚の錯覚として理解でき、透明面色と透明表面色の概念に基づいています。また、デビッド・カッツの色の分類によると、色は光沢、光輝、灼熱へと進化し、最終的には光そのものとして知覚されています。そしてシャルトル大聖堂のステンドグラスは、その色彩の深みと光と闇の対比、中世の職人技による複雑なデザインにより、時間を超えた美を象徴しています。
デビッド・カッツ

色彩の心理と表現とは?「デビッド・カッツ」の色彩心理学とフォンタナの空間主義アート

デビッド・カッツの色の心理学では、物体の「表面色」と透明物体を通した「空間色」が色の知覚の主要なカテゴリとされます。対照的に、面色は物質的な特性や形態を持たず、例えば青空のような空間そのものに存在する色です。 ルーチョ・フォンタナの絵画は、カンバスに単一の色を塗り、それにナイフで切れ目を加えることで、面色の概念を探求し、色彩と空間の関係を新たな視点から提示します。