Web 上で簡単にワイヤーフレームを作成, 公開できるツール – wireframe.cc

phiary に引っ越しました. 毎日プログラミングやWebに関する情報を発信しています! RSS 登録してたまに覗いたり, tweet やハテブして拡散してもらえると幸いです.

Pocket

以前紹介した『rvl.ioの使い方』エントリーが好評だったので, またまたWebツールについての紹介です.

今回は, Web 上で簡単にワイヤーフレームを作成, 公開できるサービス『Wireframe.cc』について 紹介します.

screenshot

Table of contents

Wireframe.cc って?

Wireframe.cc は, ウェブサイトとモバイルアプリ用の簡単なフレームワークを作成, 公開できる Web ツールです.

下のリンクから Go!!

View

直感的に操作でき, 機能も最低限に絞っているので 簡単に使い始めることが出来ます.

作成した内容を URL で保存するってのも気軽に使えて 良いですね.

up

Wireframe.cc の使い方

マウスで領域をドラッグするとそこにワイヤーフレームボックスが作成されます. あとはツールバーが表示されるのでその中からタイプを選択します.

screenshot

ダブルクリックするとサイドツールバーが表示されるので, 再編集も楽々です.

screenshot

最後に画面上にある save ボタンを押せばユニークな URL が割り当てられて 保存完了です.

screenshot

基本これだけです. 簡単ですよね♪

モバイル用フレームワークに切り替えよう

左上の赤いウィンドウアイコンにマウスを乗せると モバイルアプリアイコンが表示されます.

screenshot

これを選択するとモバイルアプリ用のワイヤーフレームに切り替わります. 縦, 横用意されているのも良いですね.

screenshot

up

こういった感じで, これからは私がよく使っている便利な海外のサービス, ツールに ついてもちょくちょく紹介していこうと思います.

TRACK BACK URL

POST COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

COMMENT