初めての自作PC日記

phiary に引っ越しました. 毎日プログラミングやWebに関する情報を発信しています! RSS 登録してたまに覗いたり, tweet やハテブして拡散してもらえると幸いです.

Pocket

前々からやろうと思っていた自作PC作りに挑戦しました. 15日間の休みと Intel の Sandy Bridge の発売も重なり調度良い機会だと思った. のですが, そう上手くはいきませんでした.

まずは, PCに必要なものが何かを調べひと通りそろえることから始めました. 私はゲームプログラマでありながらPCには疎かったため, まわりの友人や会社の上司の方に相談し, ひとつひとつ揃えていきました.

ちなみに購入したのはこちらです.ほぼAmazonで揃えました. 私なりに考えたちょいハイスペックPCです.

(このとき, 私に残された休みは10日間)

あれ??一つ足りません. そうですマザーボードです.このマザーボードが曲者でした. Sundy Bridge対応のチップセットにはP67とH67の2種類があります.

違いはざっくり言いますと, P67はオーバークロックに対応していますがSundy Bridge内蔵GPUを使用できません. H67は内蔵GPUを使えますがオーバークロックに対応できません. つまりどちらを選んでもSundy Bridgeを最大限には活用できないわけです…

私の主な用途はWebプログラミングだったので, 値段等考慮した結果 H67 に決めました. ここまではよかったんです. よかったんです… が, なんと購入しようと覚悟してすぐにマザーボードに不具合が発覚.

ダメもとでお金を握りしめPCショップに行ってみるも, もちろん Sundy Bridge 対応のマザーボードは店頭から姿を消していました. 店員に不具合修正後の商品がいつ届くか聞いてみるも分からないとのこと.

(このとき, 私に残された休みは8日間)

そこで, 限られた時間を有効活用しようと思い, 自作PCに関する書籍を買いあさり読みあさりました. books

そんなこんなで休みを過ごしているうちに, ちらほら不具合修正後のB3ステッピングマザーボードが発売されたという情報を聞きつけ,再びPCショップへ. Sundy Bridge 対応のマザーボードを発見.しか~し何故か P67 しかありません. 恐る恐る店員に聞いてみる(この時もうすでにまたあいつか的な対応)と H67が人気が高いため売り切れたとのこと.ガックリ肩を落とし帰宅し3日悩み続けました.

虚しく家に散らばるPCパーツたち… もう我慢出来ないとH67をあきらめてP67を買うことを決意. するも, その決意は再び無駄になりました. なんと関東地震の影響でP67も売り切れて再入荷も未定になっていたのです. (今回の関東地震で私が唯一受けた被害)

(このとき, 私に残された休みは4日間)

それからは, ネットによる情報収集とPCショップ通いが続きました.(暇でスイマセン) そしてついにMSI製 H67 マザーボードを発見. 即決購入でした.

こちらが我が子供たちです.

material-image

(このとき, 私に残された休みは1日間)

もう, 休み中には作れないだろうなと思いながらもダメもとで組み立てていると,

middle-pc

あれよあれよという間に完成.マザボを待つ間本を読んでいたのが役にたちました. PCの基礎知識はもちろんのことバイオス設定, OSのインストール, SSDとHDDのハイブリット設定を学んでいた私は ほとんど躓くこともなく組み立て, 設定を行うことができました.

完成して配置したのがこちら

complete-pc

そして, 完成したPCを触ることなく眺めながら就寝. 何事もなかったかのように出社… 以上, 全く休めなかった連休のお話でした. みなさん, 自作PCは計画的に.

TRACK BACK URL

POST COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。