プログラミング言語 JSX をインストールして使ってみた

phiary に引っ越しました. 毎日プログラミングやWebに関する情報を発信しています! RSS 登録してたまに覗いたり, tweet やハテブして拡散してもらえると幸いです.

Pocket

本日公開された JSX. 早速使ってみたのでメモ程度にエントリー書きます.

C#?, Java?, UnityScript? っぽい言語で, JavaScript コードに変換して実行します.

これだけ聞くと CoffeeScript と同じような感じなのかな?と思われるかもしれませんが, 使った印象としては若干違いました.

今, 公式サイトの Try をひと通り目を通しているところで, まだ全然把握しきれていないので あまり詳しいことは書けませんが, 型指定とかが強制になっていて, かつ JavaScript ライクにコードが書けるので Dart に近いのかな?と思いました.

『強固なコードが書ける JavaScript』って感じですかね.

Usage

Flow

インストールして使うまでの流れです. ちなみに私は windows でテストしました.

  • git からリポジトリを持ってくる
  • npm でインストール
  • コードを書く
  • JSX でコンパイル
  • node で実行

git からリポジトリを持ってくる

github にプロジェクトがあるので, git 経由で clone します.

$ git clone http://github.com/jsx/JSX.git

npm でインストール

npm install コマンドでモジュールをインストールします. npm のサーバーにはアップしていないみたいです.

$ cd JSX/
$ npm install

コードを書く

下記のようにコードを書いて .jsx として保存します.

今回は, sample.jsx として保存しています.

class _Main {
  static function main(args: string[]): void {
    log "Hello, world!";
  }
}

JSX でコンパイル

下記のコマンドでコンパイルします.

$ node bin/jsx --executable --output sample.js sample.jsx

結果が sample.js として出力されます.

node で実行

下記のコマンドで実行

$ node sample.js

下記の結果が出れば成功です

Hello, world!

Reference

サンプルもいくつかあるみたいだし, ゲームでも作ってみようかなぁ~.

TRACK BACK URL

POST COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

COMMENT