WebGL 環境上でメタセコイアで作った 3D モデルを見られる, メタセコイアビューアを作ってみた

phiary に引っ越しました. 毎日プログラミングやWebに関する情報を発信しています! RSS 登録してたまに覗いたり, tweet やハテブして拡散してもらえると幸いです.

Pocket

先日作った mqo.gl.enchant.js を使って そこそこちゃんとしたモデルビューアを作りました.

gl.enchant.js と dat-gui を使用しています. enchant.js と dat-gui は相性が悪かったので中身をそれぞれ少しイジッたりしています.

メタセコイアを起動するまででもないがちょっとモデルを確認したいって時に, ちゃちゃっとドラッグ & ドロップで確認できるのでそんなときに活用してくださいな♪♪

View Demo

About

上のボタンから起動できます.

モデル(.mqo)や画像(.png, .jpg)をドラッグ & ドロップしていただければ読み込んで表示します. 画面いっぱいまで解像度を広げるよう設定しているのでそこそこキレイに表示されると思います.

Parameter

画面右上にある項目でパラメータを編集できます.

File File 内にあるモデル名をクリックすると対応したモデルファイルを読み込みます. Drag & Drop でも読み込めます.
Environment 表示環境のパラメータです. 背景色とグリッドの色を指定できます.
Camera カメラの角度やモデルまでの距離を指定できます. マウスでもカメラを動かすことができます.
Model モデルの位置や回転, スケール, 色などを指定できます.

おかしな点や要望などありましたら Tweet もしくはコメントしていただけると幸いです.

次回は, 久々に CSS3 のサンプルでも作ろうと思います.

TRACK BACK URL

POST COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

COMMENT