JavaScript 入門 基礎編 04 – 処理を分岐させてみよう(if else)

phiary に引っ越しました. 毎日プログラミングやWebに関する情報を発信しています! RSS 登録してたまに覗いたり, tweet やハテブして拡散してもらえると幸いです.

Pocket

分岐処理についてです.

DEMO

今回制作するデモはこちら.

VIDEO

チュートリアルムービー

CODE

デモのソースコード

<pre>
<script>

var a = 128;

if (a == 42) {
    document.write("a is Answer.\n");
}
else {
    document.write("a is not Answer.\n");
}

a = 42;

if (a == 42) {
    document.write("a is Answer.\n");
}
else {
    document.write("a is not Answer.\n");
}

</script>
</pre>

TIPS

分岐

if (条件式) { 処理A } という流れで, 条件式が true だった場合, 処理A が実行されます. さらに else { 処理B } と書くと条件式が false だったときに 処理B が実行されます.

42

人生、宇宙、すべての答え.

wiki 参照

 

TRACK BACK URL

POST COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

COMMENT