CoroCoro : Step2 – プレイヤーを傾きで動かせるようにしてみよう!

phiary に引っ越しました. 毎日プログラミングやWebに関する情報を発信しています! RSS 登録してたまに覗いたり, tweet やハテブして拡散してもらえると幸いです.

Pocket

このStepでは, このゲームのコアとなる処理を実装します. とはいってもたった一つイベントを登録するといった簡単なプログラムです.

SAMPLE

サンプルはこちらで見ることができます.

CODE

iPhone が傾きを検知した際のイベントを登録

たったこれだけです. これだけで iPhone を傾けるとプレイヤーが動くようになります. やっていることは, 傾くたびにプレイヤーの向きベクトルに傾いた値を足すというとてもシンプルな処理です.

// 加速度センサーでプレイヤーの向きベクトルの向き, 長さが変更する
window.addEventListener('devicemotion', function(e){
    var gravity = e.accelerationIncludingGravity;
    player.dx += gravity.x*0.02;
    player.dy -= gravity.y*0.02;
});

TRACK BACK URL

POST COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

COMMENT