CoroCoro : Step1 – 敵を表示してみよう!

phiary に引っ越しました. 毎日プログラミングやWebに関する情報を発信しています! RSS 登録してたまに覗いたり, tweet やハテブして拡散してもらえると幸いです.

Pocket

この Step では敵を生成します. ここでも ArcSprite クラスが大活躍します.

SAMPLE

サンプルはこちらで見ることができます.

CODE

敵を生成

敵を生成しています. setRandomDirection() と adjustPosition(x, y, width, height) は ArcSprite クラスのメンバでそれぞれランダムな向きをセット(dx, dy), 指定された範囲から出ないよう調整する機能があります. こういったシンプルなゲームを作るときは意外と重宝します.

// エネミーを生成
for (var i=0; i<8; ++i) {
    var radius = 8;
    var color = {r: 255,g: 0,b: 0};
    // ArcSprite を生成
    var arc_sprite = new ArcSprite(radius, color);
    // 位置をセット
    arc_sprite.x = Math.random()*320;
    arc_sprite.y = Math.random()*320;
    // 向きベクトルをセット
    arc_sprite.setRandomDirection();
    // フレームイベントを登録
    arc_sprite.addEventListener(Event.ENTER_FRAME, function(){
        this.moveBy(this.dx*0.5, this.dy*0.5);
        this.adjustPosition(0, 0, game.width, game.height);
    });
    // ルートシーンに ArcSprite を追加
    game.rootScene.addChild(arc_sprite);
    game.enemyList.push(arc_sprite);
}

TRACK BACK URL

POST COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

COMMENT