ハロー・ワールドとは

phiary に引っ越しました. 毎日プログラミングやWebに関する情報を発信しています! RSS 登録してたまに覗いたり, tweet やハテブして拡散してもらえると幸いです.

Pocket

プログラム関連の入門書でおなじみの“ハロー・ワールド”(Hello, world!)
直訳すると「こんにちは世界」について調べてみた。

というのも、由来も分からなければ、
大文字か小文字か、”,”(コンマ)や”!”(クォーテーション)は必要なのか気になったからである。

どうやら由来は、The C Programming Language(K&R)にあるらしい。
この本の”最初に書くべきプログラム”として紹介されている

#include <stdio.h>

main()
{ 
      printf("hello, world\n");
}

が由来というのが有力な説だ。

由来についてはわかったが、ここで気づいたことがある。
なんと、先頭文字のhとwが小文字なのである。
“.”や”,”もない非常にシンプルなものだ。
これは意外だった。

おそらく、余計なタイプのないもっともシンプルな形だからだろうと勝手に予想。

だが、このことを調べるにあたって色々な“ハロー・ワールド”を見た結果、
色々な言語や解説サイトで主に採用されているのは“Hello, world!”だということが分かった。

ということで、“ハロー・ワールド”の定義は
hは大文字、wは小文字、helloとworldの間にコンマがあり、
最後はクォーテーションで終わる
ということにしようと思う。

今まで使っている箇所を急いで書き直そうと思う。

ちなみに、ビルゲイツがtwitterで最初につぶやいたのは”Hello World.”だった。
ということでしょうもない記事でした。

TRACK BACK URL

POST COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

COMMENT