Mac で確認用ダイアログを Tab, Space で操作できるようにしよう

phiary に引っ越しました. 毎日プログラミングやWebに関する情報を発信しています! RSS 登録してたまに覗いたり, tweet やハテブして拡散してもらえると幸いです.

Pocket

以前, 『 Mac を買ったら真っ先にやるキーボード設定』というエントリーを 書きました.

で今回はその追記です.

みなさん Windows で確認用ダイアログ(Confirm)が出たときってどう操作されてました? マスクでクリック, なんてせずにキーボードで操作されていた方も多いと思います.

私もそうでした. そしていざ Mac を使うと…あれ? フォーカスが動かない… Tab も, Arrow キーもダメ, 所詮 Mac もこんなもんか… なんて思っていたのですが, 昨日『メインマシンをWindowsからMacにした時に教えてもらった「Macではこれできないの?」→「できるよ」Tips』というエントリーで設定できることを知りました.

Apple さんありがとう. そして疑ってゴメン.

で今回は備忘録がてら確認用ダイアログを Tab, Space で操作できるようにする方法を自分でもまとめてみました. よかったら参考にしてください.

screenshot

Table of contents

確認用ダイアログを Tab, Space で操作できるようにしよう

キーボードの設定で変更することができます.

Dock から システム環境設定 を選択し起動します.

key-setting01

次に ハードウェアキーボード を選択します.

key-setting01

キーボードの設定画面が表示されるので, 上部にあるタブでキーボードショートカット を選択します.

key-setting04

そして, フルキーボードアクセスのチェックをテキストボックスとリストのみからすべてのコントロールに 変更します.

key

たったこれだけで確認用ダイアログを Windows と同じように Tab で切り替え, Space で決定できるようになります!!

screenshot

up

Reference

up

TRACK BACK URL

POST COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

COMMENT