Class Index | File Index

Classes


Class TM.Geom.Vector3


Defined in: tm.vector.js.

Class Summary
Constructor Attributes Constructor Name and Description
 
TM.Geom.Vector3(x, y, z)
3次元ベクトル
Field Summary
Field Attributes Field Name and Description
<static>  
TM.Geom.Vector3.ZERO
ゼロベクトル
Method Summary
Method Attributes Method Name and Description
 
add(v)
加算
<static>  
TM.Geom.Vector3.distance(lhs, rhs)
2点間の距離を返す
 
div(n)
除算
 
長さを取得 or magnitude
 
2乗された長さを取得 C# の名前を引用 or lengthSquare or lengthSqrt
<static>  
TM.Geom.Vector3.lerp(lhs, rhs, t)
補間.
<static>  
TM.Geom.Vector3.manhattanDistance(lhs, rhs)
マンハッタン距離
 
mul(n)
乗算
<static>  
TM.Geom.Vector3.negate(v)
反転
 
反転
 
正規化
<static>  
TM.Geom.Vector3.random(min, max, len)
min ~ max の間でランダムな方向のベクトルを生成する.
<static>  
TM.Geom.Vector3.reflect(v, normal)
反射ベクトル
 
set(x, y, z)
セット
 
setFromAngle2D(radian, len)
角度(radian)と長さでベクトルをセット
 
配列からセット
 
setFromDegree2D(degree, len)
角度(degree)と長さでベクトルをセット
 
setFromNumber(x, y, z)
数値からセット
 
オブジェクトからセット
 
setFromRadian2D(radian, len)
角度(radian)と長さでベクトルをセット
 
文字列からセット
 
setSmart(x, y, z)
賢いセット
 
setX(x)
X値をセット チェーンメソッド用セッター
 
setY(y)
Y値をセット チェーンメソッド用セッター
 
setZ(z)
Z値をセット チェーンメソッド用セッター
<static>  
TM.Geom.Vector3.slerp(lhs, rhs, t)
補間
 
sub(v)
減算
 
to3D()
3D化する
 
角度(radian)に変換
<static>  
TM.Geom.Vector3.Vector3.add(lhs, rhs)
加算
<static>  
TM.Geom.Vector3.Vector3.cross(lhs, rhs)
外積
<static>  
TM.Geom.Vector3.Vector3.div(v, n)
割算
<static>  
TM.Geom.Vector3.Vector3.dot(lhs, rhs)
内積.
<static>  
TM.Geom.Vector3.Vector3.max(lhs, rhs)
max
<static>  
TM.Geom.Vector3.Vector3.min(lhs, rhs)
min
<static>  
TM.Geom.Vector3.Vector3.mul(v, n)
乗算
<static>  
TM.Geom.Vector3.Vector3.sub(lhs, rhs)
減算
Class Detail
TM.Geom.Vector3(x, y, z)
3次元ベクトル
Parameters:
x
y
z
See:
Test Program.
Field Detail
<static> TM.Geom.Vector3.ZERO
ゼロベクトル
Method Detail
add(v)
加算
Parameters:
v
<static> TM.Geom.Vector3.distance(lhs, rhs)
2点間の距離を返す
Parameters:
lhs
rhs
div(n)
除算
Parameters:
n
length()
長さを取得 or magnitude
lengthSquared()
2乗された長さを取得 C# の名前を引用 or lengthSquare or lengthSqrt
<static> TM.Geom.Vector3.lerp(lhs, rhs, t)
補間. 0.5 で lhs と rhs の中間ベクトルを求めることができます.
Parameters:
lhs
rhs
t
<static> TM.Geom.Vector3.manhattanDistance(lhs, rhs)
マンハッタン距離
Parameters:
lhs
rhs
mul(n)
乗算
Parameters:
n
<static> TM.Geom.Vector3.negate(v)
反転
Parameters:
v
negate()
反転
normalize()
正規化
<static> TM.Geom.Vector3.random(min, max, len)
min ~ max の間でランダムな方向のベクトルを生成する. len で長さ指定.
Parameters:
min
max
len
<static> TM.Geom.Vector3.reflect(v, normal)
反射ベクトル
Parameters:
v
normal
set(x, y, z)
セット
Parameters:
x
y
z
setFromAngle2D(radian, len)
角度(radian)と長さでベクトルをセット
Parameters:
radian
len
setFromArray(arr)
配列からセット
Parameters:
arr
setFromDegree2D(degree, len)
角度(degree)と長さでベクトルをセット
Parameters:
degree
len
setFromNumber(x, y, z)
数値からセット
Parameters:
x
y
z
setFromObject(obj)
オブジェクトからセット
Parameters:
obj
setFromRadian2D(radian, len)
角度(radian)と長さでベクトルをセット
Parameters:
radian
len
setFromString(str)
文字列からセット
Parameters:
str
setSmart(x, y, z)
賢いセット
Parameters:
x
y
z
setX(x)
X値をセット チェーンメソッド用セッター
Parameters:
x
setY(y)
Y値をセット チェーンメソッド用セッター
Parameters:
y
setZ(z)
Z値をセット チェーンメソッド用セッター
Parameters:
z
<static> TM.Geom.Vector3.slerp(lhs, rhs, t)
補間
Parameters:
lhs
rhs
t
sub(v)
減算
Parameters:
v
to3D()
3D化する
toAngleXY()
角度(radian)に変換
<static> TM.Geom.Vector3.Vector3.add(lhs, rhs)
加算
Parameters:
lhs
rhs
<static> TM.Geom.Vector3.Vector3.cross(lhs, rhs)
外積
Parameters:
lhs
rhs
<static> TM.Geom.Vector3.Vector3.div(v, n)
割算
Parameters:
v
n
<static> TM.Geom.Vector3.Vector3.dot(lhs, rhs)
内積. 投影ベクトルを求めたり, 類似度に使ったり.
Parameters:
lhs
rhs
<static> TM.Geom.Vector3.Vector3.max(lhs, rhs)
max
Parameters:
lhs
rhs
<static> TM.Geom.Vector3.Vector3.min(lhs, rhs)
min
Parameters:
lhs
rhs
<static> TM.Geom.Vector3.Vector3.mul(v, n)
乗算
Parameters:
v
n
<static> TM.Geom.Vector3.Vector3.sub(lhs, rhs)
減算
Parameters:
lhs
rhs