iPhone に標準搭載されている画面読み上げ機能『VoiceOver』 を有効にする方法. 視覚に障がいのある方に教えてあげて下さい

phiary に引っ越しました. 毎日プログラミングやWebに関する情報を発信しています! RSS 登録してたまに覗いたり, tweet やハテブして拡散してもらえると幸いです.

Pocket

先日, 『福岡アクセシビリティセミナー vol.1』に参加しました.

そこで, iPhone の VoiceOver という機能を知ったので少し紹介しようと思います.

VoiceOver とは, iPhone に標準で搭載されている 視覚に障がいのある方でも iPhone を使えるよう考慮されたアクセシビリティ機能のことです.

画面の読み上げや, 画面を見なくても操作できるジャスチャー機能などがあります.

下の動画は, VoiceOver を有効にする流れをキャプチャしたものです. 逆光で見えにくくなってしまったので, 下で画像を使って詳しく説明しています.

Flow

VoiceOver を有効にする方法です. 操作方法が少し変わるのでご注意を.

  1. iPhone を起動して, “設定” アイコンを選択してください.

  2. “一般” を選択して下さい.

  3. “アクセシビリティ” を選択して下さい.

  4. アクセシビリティの一番上にある VoiceOver をオンにすると VoiceOver が有効になります.

    しかし, ここでオンにすると操作が変わってしまい元にもどせなくなってしまう可能性があるので何もせず下へ.

  5. “ホームをトリプルクリック”を選択

  6. VoiceOver を切り替えるを選択.

    これで, ホームボタンをトリプルクリックするだけで VoiceOver のオン/オフを簡単に切り替えられるようになります.

Controls

VoiceOver をオンにすると少し操作方法が変わります.

基本的な操作はこちら

選択状態にし文字を読み上げる タップするとタップした項目を読み上げます.
次の項目を選択状態にする 右側にフリックすることで選択している項目を次に進めることができます. PC でいう tab キー.
前の項目を選択状態にする 左側にフリックすることで選択している項目を次に進めることができます. PC でいう Shift + tab キー.
項目を決定 ダブルタップすると選択していた項目を決定します.

他にも色々と便利な操作があるのですが, 私自身使いこなせていないので説明はこのぐらいにしておきます.

詳しくは apple 公式サイトの『アップル – アクセシビリティ – iPhone – 視覚に障がいのある方に。』 に載っています.

技術が進歩すると, 障がいを持つ方が生活しずらくなってしまう可能性があります. iPhone はそのへんをしっかりと考慮して作られていて感心しました.

それと同時に私も, Web サービスやゲームなどを作っているので アクセシビリティを意識したモノ作りをしていこうと強く思わせてくれました.

次回は『福岡アクセシビリティセミナー vol.1』に参加して思ったこと, 感じたことについて まとめようと思います.

TRACK BACK URL

POST COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

COMMENT