「光の三原色」と「色の三原色」の違いとは?三原色の理論と色相、明度、彩度の理解

三原色

光の三原色RGB:赤、緑、青)」と「色の三原色CMY:シアン、マゼンタ、イエロー)」は、人間の視覚と色の生成方法の違いに基づいています。

光の三原色は、デジタルディスプレイなどで使われ、赤、緑、青の光の組み合わせにより色が作られます。

これに対し、色の三原色は、印刷などで使われ、シアン、マゼンタ、イエローの色素が光を吸収し、反射光によって色が生成されます。

これらの原理は、色の知覚と表現の基礎を形成しています。

美術の先生
美術の先生

この記事では、「光の三原色」と「色の三原色」の違いとは?三原色の理論と色相、明度、彩度の理解についてわかりやすく解説するよ。

生徒
生徒

先生、お願いします♪

「光の三原色」と「色の三原色」の違い

「光の三原色」と「色の三原色」の違いをイメージしたイラスト

光の三原色」と「色の三原色」の違いを理解するためには、まず光の性質と人間の視覚の仕組み、そして物体の色の見え方に関する基本的な知識が必要になります。

順番に解説していきます。

光の三原色(RGB:赤、緑、青)

人間の視覚システムは、赤(R)、緑(G)、青(B)の光に最も敏感です。これらの色は、目の中の錐体細胞によって感知されます。

これら三つの色を組み合わせることで、人間の目にはほぼ全ての色として認識されます。

この原理は、テレビやコンピューターの画面などで利用されており、これらのデバイスは赤、緑、青の光を異なる比率で組み合わせて、多様な色を作り出しています。

色の三原色(CMY:シアン、マゼンタ、イエロー)

一方、色の三原色は、印刷やペイントなど物理的な色を作るために使用されます。

これらの色はシアン(青緑)、マゼンタ(赤紫)、イエロー(黄色)で、これらを混ぜ合わせることで、様々な色を作り出します。

このプロセスは減法混色と呼ばれ、物理的な色素が光を吸収し、反射する光の色を減らすことで動作します。

たとえば、シアンのインクは赤色の光を吸収し、マゼンタは緑色の光を、イエローは青色の光を吸収します。

「光の三原色」と「色の三原色」の違いの理由

RGBカラーモデルのカラーホイール。

RGBカラーモデルのカラーホイール。出典:wiki

光の三原色と色の三原色の違いは、それぞれが基づいている原理が異なるためです。

光の三原色は、光(光源)の組み合わせに基づいており、人間の目が異なる色の光をどのように感知するかに基づいています。

これに対して、色の三原色は、物体の表面から反射される光(反射光)の組み合わせに基づいており、物体がどの色の光を吸収または反射するかに依存しています。

わかりやすく解説

美術の先生
美術の先生

ねえ、光の三原色と色の三原色の違いって聞いたことある?

生徒
生徒

いいえ、よくわかりません。どう違うんですか?

美術の先生
美術の先生

簡単に言うとね、光の三原色ってのはRGB、つまり赤、緑、青の光のこと。これらを組み合わせると、色んな色が作れるんだ。テレビやコンピューターの画面がそうだよ。

生徒
生徒

なるほどです。では、色の三原色とはどういうものなんですか?

美術の先生
美術の先生

色の三原色はCMY、つまりシアン、マゼンタ、イエローのこと。印刷とか絵の具で使う色だね。これらを混ぜると、また違う色ができるんだ。

生徒
生徒

それで、それぞれどう違うんですか?

美術の先生
美術の先生

光の三原色はね、光をどう組み合わせるかに焦点を当てている。でも、色の三原色は物体がどんな色を反射するか、つまり物体の色に注目しているんだ。

生徒
生徒

なるほど、だからデジタルディスプレイと印刷物では、色の作り方が違うんですね!

美術の先生
美術の先生

その通り!デジタルディスプレイは光を使って色を作り、印刷物はインクの色を混ぜて色を作るんだ。

三原色の理論とは

三原色の理論をイメージしたイラスト

三原色の理論は、すべての色が赤、青、黄(または赤、青、緑)の三つの基本色から成り立っているという考え方です。

これらの色を異なる比率で混ぜ合わせることによって、さまざまな色が生まれます。たとえば、赤と青を混ぜると紫が、青と黄を混ぜると緑が生まれます。

このように、三原色を基盤として、幅広い色のバリエーションが生成されるのです。

補色に関しては、ある色の補色はその色と組み合わせると灰色や黒に近い色になる色です。

例えば、赤の補色は緑、青の補色はオレンジ、黄色の補色は紫です。これらの関係性は、色彩のバランスや対比を理解するのにとても大切なことです。

また、色相、明度、彩度の三属性は、色のさらなる理解にかかせません。

色相は色の「種類」を指し、明度はその色の「明るさ」や「暗さ」を、彩度は色の「鮮やかさ」や「純度」を表します。

これらの属性を通じて、色は無限に細かく調整され、多様な表現が可能になるのです。

日本の古代の色名「あか」と「あお」が重要であったように、赤と青は色相の極北を表します。これらは互いに対比する色であり、色相の中でも特に際立っています。

わかりやすく解説

美術の先生
美術の先生

「じゃあ、三原色の話から始めよう。簡単に言うと、三原色って赤、青、黄(あるいは赤、青、緑)のこと。これらを混ぜるといろんな色ができるんだ。」

生徒
生徒

「それは面白いですね。どのように混ぜ合わせるんですか?」

美術の先生
美術の先生

「例えば、赤と青を混ぜると紫ができるし、青と黄を混ぜると緑が生まれるんだよ。」

生徒
生徒

 「では、補色とは何ですか?」

美術の先生
美術の先生

「補色はね、一つの色と組み合わせると灰色や黒に近づく色のこと。たとえば、赤の補色は緑、青の補色はオレンジ、黄色の補色は紫だよ。」

生徒
生徒

 「色相、明度、彩度とはどのようなものですか?」

美術の先生
美術の先生

 「色相は色の種類を示すよ。明度はその色の明るさや暗さ、彩度は鮮やかさや純度を表すんだ。これらを理解すると、色の世界がもっと広がるよ。」

生徒
生徒

「赤と青の重要性についてはどうなんですか?」

美術の先生
美術の先生

「赤と青は色相のスペクトラムで極端な位置にある色だよ。これらは補色の関係ではなく、ただ対照的な色として特に目立っているんだ。」

生徒
生徒

「なるほど、三原色や補色、色の三属性を知ることで、色の世界がもっと広がりますね!」

色の三属性による色彩の深み!色相、明度、彩度の理解

色の三属性

色の三属性 出典:DICカラーデザイン株式会社

色の三属性―色相、明度、彩度を理解することで、色彩の深みがわかってきます。色相は色の「種類」を指し、例えば赤やオレンジなどがこれに当たります。

色相の範囲内で、様々な色のバリエーションが存在します。

明度は色の「明るさ」や「暗さ」を表し、最も明るい色が白で、最も暗い色が黒です。モノクロにした時の色の明暗を明度が示します。

例えばオレンジ色の明度を下げると、茶色になります。

これは明度が低いオレンジ色と言えます。

色相と明度は異なる基準であり、色相ごとに様々な明度の色が存在します。

彩度は色の「鮮やかさ」を表します。純色に近いものほど彩度が高く、彩度を下げると最終的に灰色に近づきます。

彩度が高い色は鮮明で、低い色はくすんだ印象になります。彩度を通じて、同じ色相の色でもさまざまな表情を見せることができます。

これらの三属性を組み合わせることで、色彩は無限の深みを持ちます。

美術の先生
美術の先生

例えば、同じオレンジ色でも、明度や彩度によって、明るい鮮やかなオレンジから暗くくすんだ茶色まで幅広い表現が可能なんだよ。

生徒
生徒

色相、明度、彩度のそれぞれが独立した軸を持ちながらも、相互に作用して色彩の豊かな世界を作り出しているんですね♪

色の三次元世界!色相・明度・彩度を統合したマンセルの色立体

マンセルの色立体をイメージするイラスト

マンセルの色立体は色の三次元世界を体現しているものです。

マンセル色立体の垂直断面の画像

色相、明度、彩度という三つの色の属性を立体的に統合し、色彩の理解を深めるツールとして利用されています。

マンセルの色立体の概念は、色相、明度、彩度を三つの軸で表現します。

色相は円形に配置され、赤、青、黄などの基本色が円周上に並びます。この円を色相環と呼び、色相の異なる色がここに分類されます。

彩度は色相環から外側に向かって拡大し、色の鮮やかさを示します。

彩度が高い色は色相環の外側に位置し、彩度が低い色は内側に位置します。

彩度が低くなるにつれて、色は灰色に近づき、最終的には彩度がない状態になります。

明度は縦軸で表され、この軸に沿って色の明るさが変化します。明度が高い色(白に近い色)は色立体の上部に、明度が低い色(黒に近い色)は下部に配置されます。

このため、色立体の中心軸近くでは、灰色のグラデーションが白から黒へと変化していきます。

マンセルの色立体では、これら三つの属性が組み合わさり、色の全体像を立体的に理解することができます。

美術の先生
美術の先生

例えば、特定のオレンジ色を考えるとき、その色相(オレンジ)、明度(明るいか暗いか)、彩度(鮮やかかどうか)を色立体上で確認することができます。

生徒
生徒

これにより、色相だけではなく、その色の全体的な特性を把握することが可能なんですね!先生、ありがとうございます♪

まとめ

まとめ

光の三原色(RGB)色の三原色(CMY)
赤、緑、青 という色の組み合わせ。シアン、マゼンタ、イエロー という色の組み合わせ。
人間の視覚は赤、緑、青の光に敏感。錐体細胞がこれらの色を感知。シアン、マゼンタ、イエローは物理的な色素で、印刷やペイントに使用。
赤、緑、青の光を異なる比率で組み合わせて、多様な色を作り出す。これらの色を混ぜ合わせることで様々な色を生み出す。このプロセスは減法混色と呼ばれる。
テレビ、コンピューターの画面などで利用される原理。インクが光を吸収し、反射する光の色を減らすことで色を作る。印刷物に多く使用される。
人間の目が異なる色の光をどのように感知するかに基づいている。物体がどの色の光を吸収または反射するかに依存している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました