色彩学

三原色

「光の三原色」と「色の三原色」の違いとは?三原色の理論と色相、明度、彩度の理解

「光の三原色(RGB:赤、緑、青)」と「色の三原色(CMY:シアン、マゼンタ、イエロー)」は、人間の視覚と色の生成方法の違いに基づいています。光の三原色は、デジタルディスプレイなどで使われ、赤、緑、青の光の組み合わせにより色が作られます。これに対し、色の三原色は、印刷などで使われ、シアン、マゼンタ、イエローの色素が光を吸収し、反射光によって色が生成されます。これらの原理は、色の知覚と表現の基礎を形成しています。
色彩学

エヴァルト・ヘリングの『四原色説』とは?ラファエロの絵画分析・色彩の遠近法

四原色説はエヴァルト・ヘリングによって提唱された色彩理論で、赤、青、黄、緑の4つの基本色を基に、色の知覚と心理的影響を解析します。また、ラファエロの『小椅子の聖母』はこの理論を反映しており、色彩のバランスと対比を通じて芸術的な深みがわかります。そして進出色と後退色の概念は、色彩の遠近法において重要で、暖色系と寒色系の色を使って空間的な印象と奥行きを表現します。
三原色

色の三原色!『白色』の作り方とは?絵の具の白の代用方法

光の三原色を使った白色発光液体の作り方では、赤、緑、黄色の蛍光ペン、マジックライトペン、蛍光剤入り洗剤を混ぜ、ブラックライトで確認します。また、絵の具では白色を直接作ることはできず、白っぽい効果を出すには色の薄め方や背景の白を利用する方法があります。
絵画

ゴッホの『烏のいる麦畑』を色彩の視点から徹底分析してみた

フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホは、19世紀オランダ生まれのポスト印象派画家で、約10年間の短い芸術家生活の中で、情熱的な色使いと感情表現で知られる数々の傑作を残しました。特に、『烏のいる麦畑』のような作品では、色彩の遠近法を駆使し、深い空間感と感情の強さを表現しています。生前はほとんど成功せず、精神的な苦悩に苦しみながらも、死後にゴッホの作品は広く認知され、後世の芸術に大きな影響を与えました。
絵画

レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』を色彩の視点から徹底分析してみた

レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』は、色彩理論と宗教的象徴を巧みに融合した作品です。この記事では、「レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』を色彩の視点から分析してみた」についてわかりやすく解説します。
三原色

「加法混色」の3つの主要なタイプとは?白と黒の世界と「三原色」の役割

加法混色は光源によって色が作られる方法で、三原色(赤、緑、青)の光を混ぜ合わせることで新しい色が作り出されます。この方法には同時加法混色(白いスクリーンに原色の光を当てる)、継時加法混色(色の光が交互に照射されて混ざる)、並置加法混色(異なる色の小さな点が密接に配置されて混ざる)があります。
デビッド・カッツ

透明ではないものが透明に見える色とは?「デビッド・カッツ」の色の分類とシャルトル大聖堂

透明ではないものが透明に見える色は、視覚の錯覚として理解でき、透明面色と透明表面色の概念に基づいています。また、デビッド・カッツの色の分類によると、色は光沢、光輝、灼熱へと進化し、最終的には光そのものとして知覚されています。そしてシャルトル大聖堂のステンドグラスは、その色彩の深みと光と闇の対比、中世の職人技による複雑なデザインにより、時間を超えた美を象徴しています。
デビッド・カッツ

色彩の心理と表現とは?「デビッド・カッツ」の色彩心理学とフォンタナの空間主義アート

デビッド・カッツの色の心理学では、物体の「表面色」と透明物体を通した「空間色」が色の知覚の主要なカテゴリとされます。対照的に、面色は物質的な特性や形態を持たず、例えば青空のような空間そのものに存在する色です。 ルーチョ・フォンタナの絵画は、カンバスに単一の色を塗り、それにナイフで切れ目を加えることで、面色の概念を探求し、色彩と空間の関係を新たな視点から提示します。
色彩学

北欧デザインの魅力とは?自然の『色彩』と日本人に人気の理由

北欧デザイン、特にアルヴァ・アールトとアイノ・アールトの作品は、フィンランドの自然からインスピレーションを受けた色彩が特徴です。彼らのデザインはシンプルで機能的でありながら、大胆かつ実験的な色使いがあります。自然素材と現代的色彩の融合、抽象美の追求が見られます。
色彩学

色彩学の基礎!三原色理論・色の混合原理とは?

色彩学の基本は三原色理論で、赤、青、黄の原色を組み合わせて様々な色を作り出します。ディスプレイではRGB(赤、緑、青)、印刷ではCMY(シアン、マゼンタ、イエロー)が使われます。この理論は美術、デザイン、印刷などで重要となります。色彩の歴史は、文化と科学の発展により進化し、加法混色(光の混合)と減法混色(色材の混合)が色を作る基本原理です。